あきらめない、介護

自分も、介護も、あきらめずにすごせるように。

家ではみれない!と思う前に 自宅以外の介護について知っておくこと

うちではみれない!と思った時

でもすぐには決められない、入所施設

うちではもう見れません!と言われたときには、
すぐに、入所施設の紹介をしたり、
申し込みのお手伝いをしたりします。


でも、入所って、思い立ってすぐに入られることは、
あまり、まずありません。
(緊急時は別です!いえ、皆さん緊急時なのですが、
介護者が入院した、などの場合は今回は違うこととしています)

おっしゃってすぐに、勿論特養(一般的に老人ホーム)
はすぐ入れませんし、
老健老人保健施設)入所も、場合によっては
すぐ入所できるかもしれませんが、
3か月で基本退所ですので、その後のことも少し考えないといけません。

今は、サ高住(サービス付き高齢者住宅)など、
待ちなく入所できるところも増えていますので、
それを見学、申込されてもいいと思います。

空きがない、ということ以外にも、
選択肢が多い
ことが、自宅以外での介護を望んでも
すぐには決められない要因にもなっていると思います。

 

波を乗り越え、自宅介護を継続する


家以外のところを、検討する
その間に、割と「もうちょっと家で見れる」
となる場合は多いです。

そう思った原因が解消していることもあるし、
少し他を見て、「やっぱり家で見よう」
となることのほうが多いように思います。

ただ、一度こういう風に言われると、
何かのきっかけでまた同じように思われる
方も多く、おすすめしているのは、

安定されていて、まだ今は必要、と思わない時期に

積極的に施設見学されること

をお勧めしています。
緊急極まりなくなってからでは、
調べて、きちんと判断も難しいので。

また、施設は、申込していて、順番が回ってきても、
お断りして全く大丈夫です。


ただ、急に申し込んでも、すぐに入れることはまずないので、
困ったときにはここ、と事前に検討しておいて、入所申し込みも
済ませておくことで、
なぜかそれだけで安心が得られることもあります。

絶対家で、と思わずに。