あきらめない、介護

自分も、介護も、あきらめずにすごせるように。

ショートステイ 短期入所の始め時

短期入所という在宅と施設の中間サービス

短期入所(ショートステイ
という在宅サービスがあります。

一泊2日とか、1週間とか、
特養、老健に入所するサービスです。

多くは、冠婚葬祭、家族の旅行などで
介護ができないときに、利用されます。

でも、一番多いのは家族の介護疲れの軽減のため
でもあります。

昼となく、夜となく続く介護を、自宅で継続するためにも
ほとんどの方に利用をお勧めしています。

ショートステイの種類

ショートステイは、、多くは特養 特別養護老人ホーム
か、老健 老人保健施設

で行われます。
グループホームでも実施できることもありますが、
ほぼありません。
特養は、短期入所生活介護 といい、
老健は、短期入所療養介護
といいます。

概ね、介護保険期間の半分まで(これはほぼ絶対守るべき)
ひと月の中でもおおむね半分まで(30日として15日まで)

と利用の制限があります。
また、続けて30日を超える場合、
保険者の許可が必要となり、
理由があれば連続して利用はできますが、30日目が実費利用となります。

ショートステイの始め時

ショートステイは、新規で利用を始められて、
落ち着かれたころに、一度お勧めしています。
ずっと在宅で介護していく、といった方でも、
急に介護できなくなることは可能性としてあるからです。

「困ったときに頼めばいい」といわれることもあるのですが、
新規で、緊急でショートステイを利用することは、
案外とても大変です。
必ず、契約をしてからでないと利用できませんし、
本人様からすれば、突然見ず知らずの場所で
何泊か過ごさねばならないのです。

ですので、その可能性が高いにしろ、低いにしろ、
一度、契約されて、一泊でも利用されることを
おすすめしています。

一度、契約しておられれば、年単位で、それは利用可能な場合が多いです。
できれば、定期的に利用されていて、
ずっとケアプランに乗せて頂いている状態だと、
お互い安心かと思います。

ショートステイは、入所を前提としてではなく、
在宅介護を継続していくためにも、重要なサービスだと思っています。