あきらめない、介護

自分も、介護も、あきらめずにすごせるように。

ケアマネジャーの個人情報保護

ケアマネジャーの絶対的な個人情報保護

ケアマネジャーは、取り扱うことは個人情報の塊です。
その方だけではなく、家族についても、
毎月毎月訪問してお聞きします。

それはほかには一切漏らさない、ということで
語っていただくことです。

このように書いていても、私がお聞きしたエピソードは、
どんなことでも、そのまま伝えることはできません。

よく、近所にお住いの方に、
「あの方、どこのデイに行っておられるのですか?」
と、聞かれることがあるのですが、
そういったことから、こちらからは一切
お伝えすることはありません。
(送迎車両にでかでかと書いてあることも多いですが)

普段の生活でも個人情報を守ってしまう癖が

長年、ケアマネジャーをしていると、
この「個人情報」に、過敏になってしまっていることに気が付きました。
さらっと、その相手に、
と言っていたのが、突っ込んで聞くことが、
いいのか、悪いのか、考えてしまうようになったのです。

年を経て、人との関係性の中で、大失敗しないように、
構えているというのでしょうか。

ざっくばらんに、話すことが、気を付けないとできない、
まあ日常生活のほとんどを、制限付きの中での
コミュニケーションをとっているので、仕方がないとも言えますが。

ケアマネジャーがみなそうではないと思うのですが、
自治会でも、子供の学校などでも、
個人情報保護が厳しくなってきているので、
致し方ないのでしょうか。