あきらめない、介護

自分も、介護も、あきらめずにすごせるように。

何かをがんばる、ということ

自分のために、頑張る年齢から人のために頑張る年齢へ

私は、学ぶ、ということが大好きのようです。

ストレングスファインダー さあ、才能に目覚めよう~ でも、

学習欲

が、かなり上位に上がります。
とにかく、本を読むことが好きで、学ぶことも大好きです。
何かのために、というよりも、
学ぶこと自体が好き、です。

若いときの学び

娘が、今発表会があるとかで、
毎日楽器の練習をしています。
友人も交えて、それは懸命です。

それを見ていて、
こういう、いわゆる自分のため、に学ぶ、ということ
今の私はちょっと違うなあ、と思いました。

自分が好きで、始める、学ぶ、
というときから、
自分が学び、ほかの方のために役立ちたい、役だつことがしたい、
ということです。

人のために考え、調べ、行動する仕事

そういう意味では、ケアマネジャーという私の
仕事は、学び続け、調べ続け、
また人のために、というこれは自分の意志によって
あっている仕事なのかもしれません。

自分が未熟であればあるほど、かかわる方に影響が出る、と
毎日身を引き締めてはいます。

 

人生100年ならまだまだだけれど、でも

人生100年時代と言われ、
本当に、私にとっては、長生きが一番のリスク、
と思っていますが、
やはり感覚として、染みついた50代くらいからは人生後半期、
という意識は抜けません。

もしかしたら、気づかぬうちに私の人生は
後半なのではないか、という思い、

何かし残してしまいそうな思い。

以前よりも、やれることはすぐにやってしまわないと、
という意識が強くなっています。

ブログを読んでいると、やはり
こうして公表されている方は、実行能力も高い!
とお見受けいたします。

ぼやぼやしていたら、いけませんね。