あきらめない、介護

自分も、介護も、あきらめずにすごせるように。

理想と現実の違い

一番優先すること、を明らかにすること

 

介護が必要になっても、

お金が無尽蔵にある、

時間が無尽蔵にある、 

そんな方はまずおられません。

年金で暮らしています、

他にまだ親が、兄弟が、ら子供が、

ということもあります。

どこかで調整していかねばなりません。

 

現実的なラインをお伝えすること

 

サービスが始まってからも、

希望はお聞きするのですが

やはり、始まってから

 

こんなに介護できない!

や、

こんなにお金出せない!

と言われることは、あります。

現実として、できること、できないことは、始まってみないとわからないこともあります。

こちらも、どこまでが可能なのか、始まってみないとわからないこともあります。