あきらめない、介護

自分も、介護も、あきらめずにすごせるように。

介護保険料を滞納するとどうなるのか

増える介護保険料の滞納

 

40歳の誕生日を迎えると、

介護保険料の納付義務も発生します。

新たに毎月お給料から差し引かれるのは、なかなか辛いものがあるようです。

 

この仕事をさている同僚でさえもそうです。

果たして、その介護保険料、滞納したらどうなるのでしょうか?

 

サービスの給付制限がかかる

 

まずは、介護サービスを受けている方には、給付制限がかかります。

一年以上になると、償還払い、と言い、サービス料を一旦全額支払い、後から還付される、ということになります。

一年半以上だと、償還払いも差し止め、2年になると負担割合が引き上げられます。

 

支払えないことにはいろいろな理由があってのことなので、支払えないイコール利用制限とはならないとのことですが、これからますます高くなると思われる介護保険料、

若い世代の方も支払って、制度を維持できるのでしょうか?

 

まだ私の周りではこのような方はおられませんが、このようなシステムがあるならば、 

制度維持のために行われないとも限りません。

 

実際、償還払いの方は増えているようです。

 

もっとひどくなれば、

資産差し押さえもあるようです。

実際に行われることもあるとの実績。

 

助けてもらうはずの介護保険制度が、生活を崩すことにもなりかねません。

人口減少社会で、どうなっていくのでしょうか?